GSK2020-A 通訳データベース(JNPCコーパス)

Description: 通訳データベース(JNPCコーパス)は、公益社団法人・日本記者クラブで行われた通訳付きの記者会見における、登壇者の原発話(英語・日本語)と通訳者の訳出(同)を、映像、音声、文字情報を組み合わせた形でデータベース化したものである。利用には、フリーソフト「ELAN」(https://archive.mpi.nl/tla/elan/download)をインストールしたPCが必要となる。原発話と訳出の書き起こしには、自動音声認識技術が用いられており、それぞれタイムスタンプが付与されているため、スプレッドシート等にエクスポートして分析することが可能である。
記者会見は平均約1時間で、冒頭の発言ならびに質疑応答からなる。会見数は79件で、そのうち同時通訳が71件、逐次通訳が8件となっている。
利用にあたっては、付属の「使用上の注意」を参照のこと。
なお、本言語資源は、JSPS科研費 JP16H02915の助成を受けたものである。
Creator: 通訳コーパス作成共同研究者グループ
(代表・立教大学 松下佳世)
Price: 学術研究・学校教育目的使用限定。
個人・会員22,000円、個人・非会員44,000円、団体・会員44,000円、団体・非会員88,000円。別途、送料3,300円。
Date:2020.4
Format:1 USB flash drive (74.45GB) (.eaf, .wav, .mp4)
Format.encoding:
Language:Japanese/English
上記言語資源の入手に当たっては、利用申請書兼誓約書(通訳データベース) に必要事項をご記入いただき、メール、FAX、郵便等にて、事務局までお送り下さい。 折り返し、ご請求書をお送りしますので、宛名等ご指定のある場合は申請時にお知らせください。また、利用申請書兼誓約書の記入にあたっては「会員種別と利用種別の個人・団体について」をご確認下さい。